水戸市は不動産売却しやすい?住みやすさや有名スポット・地価をご紹介!

2023-01-24

水戸市は不動産売却しやすい?住みやすさや有名スポット・地価をご紹介!

この記事のハイライト
●水戸市は東京駅にも乗換なし一本で行ける交通アクセスと公園や自然が多く子育てのしやすさが魅力的
●市内にある有名スポットは偕楽園や水戸城跡など
●水戸市内の最新公示地価総平均は1㎡あたり5万3,972円

不動産売却において物件があるエリアの魅力は売れゆきや売却価格に直結するために、とても重要なことです。
本稿では水戸市内の住みやすさ、市内・近隣にある有名スポット、水戸市の地価について解説します。
水戸市内で不動産売却を検討している方は、改めて水戸市の魅力を見直してみてください。

\お気軽にご相談ください!/

水戸市内で不動産売却する際に重要な住みやすさ

水戸市内で不動産売却する際に重要な住みやすさ

水戸市はとても住みやすく不動産売却しやすい町ですが、どのような点が住みやすさにつながるのでしょうか。
住みやすさを形成するうえで重要な水戸市の歴史、交通と子育て環境を解説します。

歴史と伝統がある水戸市

水戸市の「水戸」は舟運が盛んだった那珂川の「水」門の「戸」口とされていたことに由来し、室町時代にはその地名が定着していたそうです。
そして水戸といえば徳川将軍家の分家「水戸徳川家」が有名で、なかでも徳川光圀は水戸黄門として知られています。
水戸市内には現在でも歴史的構造物が多く残っていて、弘道館や旧水戸農業高等学校などは歴史の教科書にも出てくるほどです。
水戸市が発展した理由は舟運交通の要所になったこともありますが、気候が穏やかで安定していることが要因のひとつでしょう。
真夏日は関東以西の県庁所在地ではもっとも少なく、熱帯夜もほとんどありません。
基本的に冬でも晴天が続いて暖かく、関東地方の中では大雪にもなりづらい環境も水戸市の住みやすさにつながっています。

水戸市の交通と子育て環境

水戸市の中心駅でもある水戸駅には東京方面につながるJR常磐線、福島方面につながるJR水郡線、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線が乗り入れています。
東京駅にも常磐線を利用すれば乗換なし1本で約1時間10分で到着できます。
道路交通では常磐自動車道や北関東自動車道、東水戸道路などの高速道路が充実していて、あらゆる方面に移動しやすいです。
水戸市内には大きな公園が多いことも特徴で、子育てファミリーにとってはありがたいでしょう。
また、水戸市は茨城県内の市区町村のなかで病院の数がもっとも多いので、安心して子育てできます。
買い物についても水戸駅周辺の商業施設や、内原駅近くに大型ショッピングモールなどがあるので、とても便利です。
治安は繁華街のある水戸駅南側が気になりますが、市内全域は落ち着いた住宅街で、どの年代の方にも住みやすさを感じられるはずです。

この記事も読まれています|不動産の売却益とは?計算方法や節税のコツについてご説明

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の前に知っておきたい水戸市の有名スポット

不動産売却の前に知っておきたい水戸市の有名スポット

水戸市内、またはその周辺には観光地としても有名なスポットが点在しているのでご紹介します。

偕楽園

水戸市常盤町にある「偕楽園」は金沢市の「兼六園」、岡山市の「後楽園」と合わせて日本三大名園と称される有名な庭園です。
偕楽園は梅の名所として有名で、春には約3,000本もの梅が咲き、その他にも桜や竹林、季節を彩る花や樹木が植えられています。
偕楽園は江戸時代後期の1842年に水戸徳川家の水戸斉昭によって造られました。
領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいという思いで作られましたが、水戸市民を始め観光で訪れる多くの人の憩いの場になっています。

  • 所在地:茨城県水戸市常磐町1-3-3
  • 開園時間:6~19時(10月~2月中旬は7~18時)、好文亭観覧は9~17時(10月~2月中旬は9時~16時30分)
  • 休園日:年中無休
  • アクセス方法:JR常磐線「水戸駅」よりバスで20分
  • 駐車場:本園用駐車場(偕楽園下駐車場、常磐神社駐車場、千波公園西側駐車場、好文亭表門駐車場)普通369台、障害者専用11台

水戸城跡

水戸市三の丸にある水戸城跡は北に那珂川、南に千波湖に挟まれている城跡で、大きな土塁や堀が特徴です。
水戸徳川家の居城として有名ですが、平安時代末から鎌倉時代初期には建造されていたと言われている、とても歴史が古いお城と言えます。
令和3年6月に一部が再建され、内部は無料で見られる資料館になっていて、水戸市の歴史を学べる良いスポットなので、訪れてみてはいかがでしょうか。
二の丸角櫓は工期の延長で令和5年1月31日まで休館していますので、最新の情報は水戸市公式サイトでご確認ください。

  • 所在地:水戸市三の丸2-9-22
  • 開館時間:常時開放
  • 休館日:無休
  • アクセス方法:JR常磐線「水戸駅」北口から徒歩8分
  • 駐車場:周辺駐車場の利用可

アクアワールド茨城県大洗水族館

水戸市内から電車やバス、自動車で約30分、大洗市にあるアクアワールド茨城県大洗水族館は日本でもトップクラス規模の水族館で、人気の観光スポットです。
大洗水族館で有名なのはなんと言っても50種類を超えるサメの展示で、世界のサメ全種のうち10%以上を見られます。
その他にも日本一の大きさのマンボウ水槽や1万体を数えるミズクラゲの大水槽など見どころがたくさんあるので、子どもも飽きずに見て回れます。
子どもたちが楽しめる広いスペースもあるので、子ども連れでも丸一日楽しめるスポットとして、今日も賑わっていることでしょう。

  • 所在地:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
  • 営業時間:9:00~17:00 (最終入館16:00)
  • 定休日:定休日なし(6月と12月にメンテナンス休業あり)
  • アクセス方法:ひたちなか海浜鉄道「那珂湊駅」よりバス7分、大洗鹿島線「大洗駅」よりバス約15分
  • 駐車場:水族館駐車場 約750台収容、県営駐車場 約1,000台収容

この記事も読まれています|不動産の売却益とは?計算方法や節税のコツについてご説明

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にて参考にしたい水戸市の地価

不動産売却にて参考にしたい水戸市の地価

最後に水戸市の地価平均や変動率について解説します。
不動産売却における地価公示や平均値はおおよその相場を確認するのに分かりやすい指標なので、確認してみてください。

水戸市内の地価平均

2022年の茨城県水戸市内の地価平均は下記のとおりです。

  • 地価総平均 5万3,972円/㎡
  • 坪単価 17万8,419円/坪
  • 変動率 -0.31%下降
  • ※上記の数字は水戸市の公示地価と基準地価の総平均を記載しております。
  • ※参考://tochidai.info/ibaraki/mito/

公示地価とは国土交通省が毎年3月に発表するもので、適正な地価を形成する目的で発表され、それを補完するために都道府県が基準地価を定めます。
公示地価は1地点につき2名以上、基準地価は1地点につき1名以上の不動産鑑定士によって鑑定評価されたものを参考にして値付けするので、信頼性の高い数値と言えます。
この数字はあくまで平均の公示価格・基準価格で、エリアによって上下するものです。
そして、不動産売却ならば建物価格も考慮に入れて検討するものなので、あくまで目安としてとらえ、実際の売買価格は不動産会社に査定してもらいましょう。

水戸市内の地価変動率

地価変動率とは公示地価などが昨年に比べてどれくらい上昇・下落したかを示す数値で、地価が上がっているのか下がっているのかが分かります。
水戸市内の地価変動率は2021年から0.31%下落していて、住宅地は0.4%のマイナス、商業地は0.5%のマイナスになっています。
もともと水戸市は郊外の農地が宅地化されていたので、郊外に住む人が増えて、中心地のニーズが減った状態でした。
国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2020年から2030年で水戸市の人口が3,000人減ると予測しています。
とは言え、まだそこまで人口が減っていないことと、まだ低金利と呼べる範囲です。
不動産売却においては、今のうちに売却を進めておいたほうが良いと言えるでしょう。

この記事も読まれています|不動産の売却益とは?計算方法や節税のコツについてご説明

まとめ

水戸市は歴史があり、交通アクセスもよく子育てもしやすい住みやすい町で、偕楽園や水戸城跡のような有名スポットなどもあります。
公示地価平均の変動率はマイナスですが、そこまで大きく減少していないので、不動産売却するのならば今のうちに進めると良いでしょう。
その他にも魅力がたくさんある水戸市内で不動産売却を検討しているのならば、まるのいえまでご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0293-50-2593

営業時間
24時間営業
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ