空き家を自分で管理する方法や必要な道具をご紹介!

2022-09-13

空き家を自分で管理する方法や必要な道具をご紹介!

この記事のハイライト
●空き家の維持管理は特定空家にしないことが目的のひとつ
●空き家の維持管理の際はホウキやチリトリといった必要な掃除道具を用意する
●最低限の管理として換気や通水は定期的におこなうべき

相続などで取得した空き家の取り扱いにお悩みの方は少なくありませんが、実際に空き家の管理では何をしたら良いのでしょうか。
ここでは管理の目的や方法、必要な道具など空き家管理のノウハウをご紹介します。
茨城県水戸市内にお住まいで空き家を所有している方は、最後まで確認してみてください。

\お気軽にご相談ください!/

そもそも自分で空き家を管理する目的とは?

そもそも自分で空き家を管理する目的とは?

空き家を所有していると管理が必要となります。
空き家といっても親が老人ホームに入ったなどの理由で実家が空き家になってしまったという場合には空き家を処分するわけにもいかないでしょう。
空き家を管理する目的には建物の維持があります。
建物を放置することは建物が劣化する最も大きな原因なので、建物の劣化を抑えるために建物管理は必須です。
外壁などの劣化をいち早く察知できれば、雨漏りによる建物の劣化も未然に防げるでしょう。
特に雨漏りが発生すると建物内部の腐食や白アリによる被害が出るなど、建物の劣化が一気に進んでしまいます。
毎回、細かい点検までできなくとも、室内の換気程度はこまめにやっておいたほうが良いでしょう。

空家等対策特別措置法の対象にしないため

近年、空き家の増加が問題になっていますが、平成27年に施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」により空き家を放置するリスクは上がりました。
倒壊の危険がある、管理されていない、周辺に衛生上悪影響を与えるとされた空き家は、行政によって「特定空家」に認定されて、勧告や指導の対象になります。
そして特定空家になってしまうと固定資産税の減免がなくなり、税額が高くなってしまうリスクがあります。
空き家の適切な管理がされていないと特定空家に認定されてしまう可能性があるので、それを回避する目的で空き家の管理が必要です。
特定空家に認定されなくても、管理されていない空き家には地震や台風などの災害で近隣に迷惑をかけてしまったり、放火や不審者が侵入するリスクがあります。
これらの事故や事件が起きると所有者の管理責任が追求されてしまうので、いずれにしても空き家の管理が必要です。

この記事も読まれています|空き家を売りたいときに検討するべき方法とは?売却にかかる費用も解説!

\お気軽にご相談ください!/

自分で空き家を管理するために必要な道具とは

自分で空き家を管理するために必要な道具とは

自分で空き家を管理する上で、まず服装が重要です。
汚しても良い、動きやすい服装が必須で、靴についても同様に履きなれたものを履いていきましょう。
屋外での草むしりや水を使って玄関周りなどを洗うときには長靴もあると良いでしょう。
履物についても上履きのような室内履きや、靴下の上に履く軍足があると足元に落ちているものを踏んでしまい怪我することがなくなります。
足元だけではなく、軍手やマスク、顔や頭に巻くためのタオルなどがあれば、なお良いでしょう。
また、レインコートもあると便利です。
屋外で水をまくときもそうですが、床下に潜るときや、ホコリだらけの場所に行くときにも活躍します。
夏や冬など暑さ・寒さが厳しい時期に空き家の管理に行くのならば、気温の対策も必要でしょう。

あれば便利な掃除道具

自分で空き家を管理するときにやることの多くは掃除です。
そのときに便利な掃除道具やそれをサポートする道具はたくさんあります。
電気や水道が利用できるのならば、普段自宅で使用している掃除機や高圧洗浄機などを持参すれば良いですが、空き家では使えないこともあります。
そんなときに必須になるのは水なので、手洗い用にキャンプなどでも利用される蛇口付きのタンクや、清掃用のポリタンクに水を入れて持参しましょう。
床の水拭きで必要なのはタオルや雑巾ですが、膝当てがあると床掃除がとても楽になるのでおすすめです。
ホウキやチリトリなどは必携ですが、もし空き家の管理が長期化するならば、バッテリー式の掃除機や風でゴミを吹き飛ばすブロワーを購入してみてはいかがでしょうか。
特にブロワーは屋外の掃除で落ち葉を飛ばしたり、刈った雑草をまとめるのにも活用できます。
自分で空き家を管理するときには、特に屋外の管理もしっかりやりましょう。
雑草の処分はもちろんのこと、庭木の剪定や枯れ葉やゴミの掃除を徹底すると良いでしょう。
その際は、ホウキやチリトリに加えて剪定バサミや草刈り鎌、のこぎりなどを用意しましょう。
持っていくと便利な掃除道具は、ガラ袋とブルーシートです。
ガラ袋とは工事現場などで利用されているゴミ袋で、ホームセンターなどでも購入できます。
選定した草木をビニール製のゴミ袋に入れると簡単に破れてしまうので、ガラ袋を利用すると良いでしょう。
また、ブルーシートは水をまくときに濡らしたくないところにかぶせたり、荷物を置くときに下に敷いたり、雨漏りの応急処置などにも活躍します。
少し大きめのブルーシートを購入し、その都度切って利用すると良いでしょう。

この記事も読まれています|空き家を売りたいときに検討するべき方法とは?売却にかかる費用も解説!

\お気軽にご相談ください!/

自分で空き家を管理する方法とは

自分で空き家を管理する方法とは

自分で管理するときには換気と通水が重要です。
空き家の管理は掃除をすることがメインですが、掃除する時間が取れないときには換気や通水だけでもやっておきましょう。
室内の空気をこまめに入れ替えれば建物の劣化も最小限に留められますし、建物内に溜まった湿気も外に出せます。
空き家の近くに寄ったついでに、ちょっと10分だけ全ての窓を開けて空気を入れ替えるだけでも違うものです。
そのとき、換気と一緒にできると良いのが通水です。
水道が使えるのならば使える蛇口を全て開けて水を流しましょう。
そのときに大切なことは水を出すことよりも、水を排水することです。
排水管には下水道の空気が排水口を通じて室内に流れないようにする、排水トラップというものがあります。
排水トラップは排水を利用して排水管に栓をする役割があるので、水を使用しなくなると水が蒸発し、その役割を果たせなくなります。
下水道と室内がつながってしまうと室内に悪臭が漂いますし、夏場にはそこから虫が上がってくることもあります。
そうならないためにも、換気と一緒に水を流すことを意識しましょう。
キッチンやお風呂、洗面やトイレはもちろんのこと、洗濯機の排水口にも水を流しましょう。
また、自分で空き家を管理するならばポスト内の様子も確認しておきましょう。
ポストは玄関にあることが多いので、ポストからチラシなどがあふれると見栄えが悪く、一見して空き家だとわかってしまいます。
空気の入れ替えをしにいったついでで良いので、チラシなどを撤去し、郵便物を確認しておきましょう。
空き家を相続で取得したものならば、郵便物の中には故人宛で届いたものもあるかもしれません。
そういった郵便物の確認や、ダイレクトメールの解除などの手続きもしておくと良いでしょう。
遠方に住んでいるなどで空き家に立ち寄ることが難しければ、自分で管理するのは難しいでしょう。
そのときは仲介での売却や業者買取を検討したり、管理委託もひとつの方法です。

この記事も読まれています|空き家を売りたいときに検討するべき方法とは?売却にかかる費用も解説!

まとめ

自分で空き家を管理する目的は、建物の維持管理をして特定空家にしないことや、近隣に迷惑をかけないためです。
空き家管理では、適切な服装や必要な道具をそろえることも重要です。
換気や通水やポストの掃除などをこまめにすることが重要ですが、難しい場合は売却や業者買取、管理委託を検討してみましょう。
茨城県水戸市内で空き家の管理にお悩みの方は、まるのいえまでご相談ください。
不動産に関してサポートをおこなっていますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0293-50-2593

営業時間
24時間営業
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ