空き家を売りたいときに検討するべき方法とは?売却にかかる費用も解説!

2022-06-14

空き家を売りたいときに検討するべき方法とは?売却にかかる費用も解説!

この記事のハイライト
●空き家を売りたいときは、「そのままの状態」と「更地にする」のどちらで売るか選ぶ必要がある
●どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので、理解してから決断すること
●空き家の売却には費用や税金がかかるので、高額になりそうなものは事前に計算しておくと支払いに備えられる

空き家を売りたいときは、まず「そのままの状態」と「更地にする」のどちらで売るかを検討する必要があります。
どちらの方法にもあるメリットとデメリットを事前に理解しておくと、適切な方法を選択できるでしょう。
そこで今回は、茨城県水戸市で空き家の売却をご検討中の方に向けて、2つの方法の特徴をそれぞれご説明します。
空き家を売却する際にかかる費用についてもご説明しますので、ぜひご参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたい!そのままの状態で売る方法の特徴とは

空き家を売りたい!そのままの状態で売る方法の特徴とは

「空き家」と聞くと長年人が住んでいない家を想像するかもしれませんが、誰も住まなくなってから1年以上経った家は空き家と呼ばれます。
別荘や賃貸物件、売り出し中の物件なども該当しますが、空き家になることが多いのは親などから相続した不動産です。
たとえば実家を相続しても、すでに自宅を所有していると使う機会がないかもしれません。
だからといって売却するのは忍びなくて、そのままの状態にしていた結果、空き家になるケースが多々あります。
ただ、そのような空き家を所有している場合は、早めに売却を検討したほうが良いでしょう。
なぜなら、活用しない空き家にも固定資産税や管理の手間がかかり、所有者の重荷になるからです。
建物は時間が経つと資産価値が下がってしまうことも、早めに売却したほうが良い理由の一つです。

空き家をそのままの状態で売りたい場合の2つの方法

空き家を売りたいときは、空き家を残すか解体するかを決断する必要があります。
空き家を残す場合は、さらに以下のどちらかの方法を選びましょう。

  • 中古住宅として売る
  • 古家付き土地として売る

中古住宅は空き家に値段を付けて売る方法で、古家付き土地は空き家に値段を付けずに売る方法です。
建物に値段を付けても売れそうな場合は中古住宅として売り出すと、建物の売却代金を得られます。
築年数が経っていたり不具合が多かったりして売れにくそうな場合は、古家付き土地として売り出すと買主が見つかる可能性が高まるでしょう。

売りたい空き家をそのままの状態で売却するメリットとデメリット

空き家をそのままの状態で売却すると、以下のようなメリットがあります。

  • 解体の費用や時間がかからない
  • 固定資産税の負担が少ない
  • 多くの購入希望者に興味を持ってもらえる

そのままの状態で空き家を売る場合、解体しなくて済むことがメリットです。
解体は一般的に100万円以上の費用がかかり、時間も必要なのですぐに売り出すことができません。
また、建物がある土地は固定資産税の優遇措置を受けられますが、更地にすると適用できなくなるため税額が上がってしまいます。
つまり、空き家はそのままの状態で売り出したほうが、費用の負担を抑えられるのです。
そして、建物を探している方と土地を探している方の両方をターゲットにできることもメリットです。
「建物は解体可能」と記載しておくと、土地を探している方にも興味を持ってもらえるため、買主が見つかりやすくなるでしょう。
一方で、以下のようなデメリットがある点には注意が必要です。

  • 管理する手間がかかる
  • 契約不適合責任を問われる可能性がある

空き家は適切に管理しないと、老朽化が急速に進んでしまいます。
そのため、買主が決まって物件を引き渡すまでは、定期的に通って管理しなくてはなりません。
そして、契約不適合責任を問われる心配があることもデメリットです。
契約不適合責任とは、売却した不動産の品質が契約の内容と適合しない場合に売主が負う責任のことです。
たとえば、契約書に記載されていない雨漏りや屋根の破損などが見つかった場合は、買主から修理や代金減額などを求められてしまいます。
契約不適合責任を負わないためには、住宅の現状を契約書にもれなく記載することが大切なので、専門家によるインスペクション(住宅診断)を実施するなどの対策が必要です。

この記事も読まれています|不動産買取の流れとは?仲介との違いや必要書類などを解説!

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたい!更地にしてから売る方法の特徴とは

空き家を売りたい!更地にしてから売る方法の特徴とは

空き家を解体してから売る方法にもメリットとデメリットがあるので、更地にしてから売りたい場合は理解しておきましょう。
更地にしてから売却する際の主なメリットは、以下の3つです。

  • 空き家を管理する手間がなくなる
  • 契約不適合責任を問われる可能性が減る
  • 土地を探している方に購入してもらいやすい

土地の場合も管理は必要ですが、空き家よりも管理にかかる手間が減ります。
空き家に比べて不具合がある可能性が減るので、契約不適合責任を問われる心配も少なくなるでしょう。
更地だと購入後すぐに活用できるので、土地を探している方の検討対象になりやすいこともメリットです。
ただし、更地にしてから売りたい場合は以下のデメリットも覚えておきましょう。

  • 解体費用がかかる
  • 売り出すまでに時間が必要
  • 固定資産税の優遇措置が適用されなくなる

空き家の解体には費用がかかり、価格は構造や立地、老朽化の度合いなどによって変わります。
木造の場合は1坪あたり3万~6万5,000円ほどで、たとえば30坪の空き家を解体する際は90万~195万円ほどの費用がかかります。
解体には時間も必要で、終わるまでは物件を売り出すことができません。
また、空き家がなくなると固定資産税の優遇措置が適用できなくなり、税額が上がります。
売却に時間がかかると税金の負担がかさんでしまうので、その点も踏まえたうえで解体するかどうかを決めましょう。
このように、どちらの方法にもメリットとデメリットがあり、物件によって適した方法は異なります。
空き家を売りたい場合は売却方法の選択が重要なポイントになるので、不動産会社に相談しながら慎重に決めましょう。

この記事も読まれています|不動産買取の流れとは?仲介との違いや必要書類などを解説!

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたい!売却するときにかかる費用や税金とは

空き家を売りたい!売却するときにかかる費用や税金とは

空き家を売りたいときは、売却にかかる費用や税金を理解しておくことも大切です。
なかでも高額になる可能性がある3種類の費用や税金について、ご説明します。

①仲介手数料

不動産会社の仲介によって売買契約が成立した際に支払う費用で、上限額が法律で定められています。
売却価格が400万円を超える場合は、「売却価格×3%+6万円+消費税」で上限額を算出できます。
100万円を超えることも多いので、事前に上限額を計算して支払いに備えましょう。

②譲渡所得税

不動産を売却して利益が出ると、譲渡所得税と呼ばれる税金が発生します。
不動産の所有期間が5年以内の場合は39.63%、5年を超える場合は20.315%が利益に対して課税されます。
利益は「不動産の売却価格-(購入にかかった費用+売却にかかった費用)」で算出できるので、こちらも事前に計算しておきましょう。

③必要に応じてかかる費用

先述したように、空き家を解体してから売りたい場合は一般的に100万円を超える解体費用がかかります。
一方、解体せずに売りたい場合は部分的なリフォームが必要になることがあり、費用の相場は数十万円ほどです。
他にも、隣地との境界線を確定するために測量を実施する場合は50~80万円、空き家に残っている家具や家電の処分を業者に依頼する場合は15万~30万円ほどの費用が必要です。
これらの必要性は物件によって異なるので、適切な判断をするためには不動産会社に相談しましょう。

この記事も読まれています|不動産買取の流れとは?仲介との違いや必要書類などを解説!

まとめ

空き家を売却する際は、そのまま売るか更地にしてから売るかを決める必要があります。
どちらが良いと一概には言えないので、迷ったときは不動産会社に相談してみましょう。
私たち「まるのいえ」は、茨城県水戸市を中心としたエリアで不動産の売却をサポートしております。
空き家を売りたいとお考えでしたら弊社がお力になりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0293-50-2593

営業時間
24時間営業
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ