不動産の売却をするならリフォームは不要?必要?

2022-05-31

不動産の売却をするならリフォームは不要?必要?

この記事のハイライト
●不動産の売却をする場合にリフォームは不要
●水回りや重要な機器の修繕やリフォームは必要
●ホームインスペクションや簡単な修繕はやっておくべき方法

不動産売却で、特に築年数が経っている不動産を売却する際は、リフォームしたほうが売れやすくなるのではと考える方は多いのではないでしょうか。
確かに、リフォームをすることで不動産の見栄えは良くなりますが、売却しやすくなるとは限りません。
この記事では、リフォームは不要か必要であるかについてメリットとデメリットを比較しながらご説明いたします。
茨城県水戸市周辺で、不動産売却を検討されている方でリフォームをおこなうか悩まれている方は、ご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却においてリフォームが不要な理由

不動産の売却においてリフォームが不要な理由

不動産の売却においては、一般的にリフォームは不要とされています。
しかし、総合的にみて不要というだけで、リフォームをおこなうことで不動産の売却が有利になることもあります。
この章では、リフォームが不要な理由、また、リフォームは不要ではありますが、リフォームをして不動産を売却するメリットをご説明いたします。

不動産売却においてなぜリフォームは不要なのか

リフォームが不要な理由として、代表的なものは以下の3点となります。

  • リフォームした費用を不動産の売却金額に上乗せできない
  • リフォーム内容が買い手の意にそぐわず売却までいたらない
  • リフォームにおこなっている期間は売却ができない

1つ目の理由としては、大規模なリフォームをおこなったとしても、リフォーム金額をそのまま売却金額に上乗せすることは難しく、場合によっては赤字になる可能性があることが挙げられます。
2つ目の理由としては、リフォーム内容を買い手が気に入らない場合は、なかなか売却できない可能性があるからです。
不動産の買い手は第一印象で好みかそうでないかを決めますので、お金をかけてリフォームしても無駄になってしまう可能性があるのです。
3つ目の理由としては、リフォームの工事期間は買い手は内覧ができず、売却終了までの時間が通常よりかかってしまいます。
以上の3点が、不動産売却時にリフォームは不要とされている理由です。

不動産売却時にリフォームをおこなうメリット

リフォームは不要とされていますが、リフォームをおこなうことでメリットも生じますので、ご紹介いたします。

  • 買い手の印象が良くなる可能性がある
  • 買い手が融資を組みやすくなる

1つ目のメリットとして、買い手が不動産を内覧した際の印象が、リフォームをおこなうことで良くなることでしょう。
また、リフォームされていれば設備も整っており、すぐ引っ越すこともできるので買い手の印象は良くなり、購入欲求が高まる可能性があります。
2つ目のメリットとして、買い手が金融機関からのローンを利用して購入する場合、1種類のローンで完結するため買い手にとって楽になります。
買い手がリフォームされていない不動産を購入して自身でリフォームをおこなう場合、リフォームは別のローンになるため手続きが煩雑になってしまうからです。

この記事も読まれています|不動産売却の契約不適合責任とは?瑕疵担保責任との違いや注意点を知ろう

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にリフォームが必要な場合とは

不動産売却時にリフォームが必要な場合とは

不動産売却時にリフォームは不要であるとご説明いたしましたが、場合によってはリフォームが必要な箇所もございます。
費用対効果が良く、買い手の印象が良くするために必要なリフォームをご紹介いたしますので、ご参考にしてください。

買い手の内覧に備えて水回りのリフォームをしておく

買い手が内覧をする場合、重点的に確認するのが水回りです。
浴槽やトイレ、キッチンが古くなり水漏れをしていないかなどは買い手が気になることなので、その部分のみリフォームをしておくのは良いでしょう。
しかし、買い手が好みのリフォームをしたい場合が多いので、最低限の修繕などにしておきましょう。

重要な設備が壊れている場合にはリフォームは必要

次に、給湯器などの重要な設備が壊れている場合は、リフォームが必要となります。
内覧をしたときに給湯器などが壊れていれば、買い手は印象を悪くして、購入に至らない可能性があります。
また、給湯器などは好みが分かれる可能性は低いため、もし壊れているようでしたら不動産売却時には新しくしておきましょう。

あまりにも見栄えが悪い場合にはリフォームが必要

最後に、不動産があまりにも見栄えが悪い場合は、買い手が購入することを敬遠してしまう可能性があります。
畳がボロボロであったり、ふすまが破れていたりすると、やはり印象は悪くなってしまうでしょう。
また、庭に雑草が覆い茂っている場合なども、敬遠される可能性はあります。
重要な機器の故障であればリフォームは必要ですが、上記のような場合はハウスクリーニングで解決できる場合もあります。
不動産売却時にどの程度まで手入れをするべきであるかは、不動産会社とよく相談をしておきましょう。

この記事も読まれています|不動産売却の契約不適合責任とは?瑕疵担保責任との違いや注意点を知ろう

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォーム以外にとるべき方法

不動産売却でリフォーム以外にとるべき方法

最後に、不動産を売却する際、リフォーム以外に不動産を売れやすくする方法はどのようなものがあるでしょうか。
リフォームをしなくても、代わりにしておけば不動産が売れやすくなる方法をご説明いたします。

ホームインスペクションで買い手に安心感を持ってもらう方法

ホームインスペクションとは、専門家が不動産の劣化状況、不具合、回収すべき箇所などについて調査して、費用などのアドバイスをおこなうことです。
ホームインスペクションをおこなうことで、買い手も不動産の状況がしっかりと把握できて、安心して取引をおこなうことができます。
また、ホームインスペクションをして建物に目立つ劣化や不具合がないという結果が出れば、高い金額で売却できる可能性も高まります。
ホームインスペクションを実施したい場合は、まず不動産会社に相談をしてみてください。

不動産の見栄えをよくするために最低限やっておくべき方法

次の方法としては、リフォームをやらない代わりに、最低限の不動産の手入れをおこなっておく方法です。
壁紙がはがれていたり、庭に雑草が大量に生えていたら、買い手の印象は大変悪くなります。
目立つ場所だけでも簡易的に修繕をしておけば、それだけで買い手の印象は変わってきます。
売却しやすくするためには、買い手に良い印象が与えられるよう工夫をしましょう。
この方法についても、不動産会社にどの箇所を手入れすれば良いか相談しながら進めましょう。

不動産を解体して更地にする方法

最後は、不動産の築年数が古く、リフォームや修繕をしても売却できない可能性がある場合の方法です。
築年数が経っている場合は、建物を支える躯体などが劣化しており、居住するのに危険を伴う場合があります。
その場合に検討したいのが、不動産の解体をして更地にする方法です。
更地にすると、場合によっては建物がある状態より高値で売却できる可能性があります。
管理の手間も少なくなるので、解体することを検討するのも良いかもしれません。

この記事も読まれています|不動産売却の契約不適合責任とは?瑕疵担保責任との違いや注意点を知ろう

まとめ

この記事では、不動産を売却する際のリフォームの必要性や、リフォーム以外の方法をご説明しました。
基本的に、売却をおこなう場合はリフォームは不要ですが、まずは不動産会社に方向性を相談してみると良いかもしれません。
まるのいえでは、不動産の売却のご相談を承っております。
茨城県水戸市周辺で不動産の売却を検討されている方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0293-50-2593

営業時間
24時間営業
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ