不動産買取の流れとは?仲介との違いや必要書類などを解説!

2022-05-17

不動産買取の流れとは?仲介との違いや必要書類などを解説!

この記事のハイライト
●ご自身の状況や売りたい不動産にあわせて、買取と仲介のどちらが適しているのか考える
●買取には即時買取と買取保証の2種類がある
●買取をスムーズに進めるために、買取の流れや必要書類を把握しておくことが重要

不動産を売却する方法として、「仲介」と「買取」の2つの方法があります。
不動産を売却する際、不動産会社が「仲介」をおこない売却を進める方法は広く知られていますが、「買取」についてはご存じない方が多いのではないでしょうか。
仲介と買取のどちらを選択するのが良いかはご自身の状況や物件によって異なりますが、できるだけ早く確実に売却したい方は買取がおすすめです。
今回は、不動産買取と仲介の違いや買取の種類、買取の流れについて解説します。
茨城県水戸市で不動産の売却を急いでいる方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取の流れを知ろう①仲介との違いとは?

不動産買取の流れを知ろう①仲介との違いとは?

不動産会社を通じて不動産を売却する方法には、大きく分けて仲介と買取の2つがあります。
不動産売却で一般的なのは仲介で、売主と買主のあいだに不動産会社が仲介で入り、不動産会社が中心になって売却活動をおこなったり、売買契約をまとめたりします。
不動産の買主は、おもに個人です。
一方で買取は、不動産会社が買主となって直接不動産を買い取る方法です。
仲介と買取のどちらにするかは、ご自身の希望や不動産にあわせて検討することをおすすめします。
以下で、仲介と買取に向いている人や物件をそれぞれご紹介します。

仲介が向いている人や物件

仲介による売却が向いているのは、どういった人や物件なのでしょうか。
メリットとデメリットを交えて解説します。
仲介で売却するメリット

  • 売却価格の相場に近い価格で売れる可能性がある
  • 仲介手数料などの費用がかかっても、手元に残るお金が買取に比べて多くなりやすい

仲介で売却するデメリット

  • 売り出し価格で売れない可能性がある
  • 売却までに時間がかかる可能性がある
  • 契約不適合責任を負う
  • 内覧対応などの手間がかかる
  • 近隣住民に売却することが知られる可能性がある

仲介による売却が向いているのは、駅近などの立地の良い物件や築浅などの売れやすい物件です。
売れるまでに時間がかかる可能性もありますが、少しでも高値で売却したい方は仲介による売却のほうが向いているでしょう。

買取が向いている人や物件

買取にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
買取で売却するメリット

  • 売却価格に納得すれば現金化が早い
  • 仲介手数料などの費用がかからない
  • 契約不適合責任を負わない
  • 売却をすることが近隣住民に知られにくい
  • 仲介では売れない物件でも売却できる可能性がある

買取で売却するデメリット

  • 売却価格が相場の6~8割の価格になる
  • 買取をおこなっている不動産会社が限られているので選択肢が少ない

急に現金が必要になった場合や、仲介では売れづらい物件を売却する場合などは、買取での売却がおすすめです。
仲介と買取のそれぞれのメリットとデメリットを把握したうえで、ご自身の状況や売りたい物件がどちらで売るのが良いかしっかりと考えましょう。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取の流れを知ろう②買取の2種類の方法とは?

不動産買取の流れを知ろう②買取の2種類の方法とは?

不動産買取には、「即時買取」と「買取保証」の2つの方法があります。
買取方法が異なりますので、それぞれの特徴を解説します。

即時買取とは

その名のとおり、すぐに不動産会社が不動産を直接買い取る方法のことです。
仲介での売却だと売れるまでに時間がかかることがありますが、即時買取だと最短で3日~1週間、長くても1か月以内には売却することが可能です。
物件の査定をおこない査定価格に納得すれば、その査定価格が買取価格となりそのまま買取へ進めるので、価格決定から現金化までに時間がかかりません。
ただし、市場価格と比べると6~8割程度の価格になる点は把握しておきましょう。

買取保証とは

買取保証は、即時買取と仲介を組み合わせたような仕組みになっています。
一定期間、仲介による売却活動をおこない、そのあいだに売れなかった場合に不動産会社が事前に約束していた価格で買い取る方法です。
仲介による売却で売れたら市場価格ほどで売却ができ、もし売れなかったとしても不動産会社が買い取ることを保証していますので、売主としては安心です。
買取保証の仲介期間は基本的には3か月で、期間内に売買が成立すると「仲介」で売却が完了したことになるので、仲介手数料が発生します。
一方、期間内に売買が成立しなければ不動産会社による「買取」に移行するので、その際の仲介手数料はかかりません。
また買取保証を利用するには、不動産会社と専属専任媒介契約または専任媒介契約を締結する必要があります。
なるべく早く高い価格で売却したいけれど、確実に現金化できる保証が欲しい方は買取保証がおすすめです。
買取を選ぶなら即時買取が良いのか、買取保証が良いのかは、売主がどのように売却を進めたいかによって異なるので、まずはご自身の理想の不動産売却の形を考えてみていただくことをおすすめします。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取の流れを知ろう③タイミングごとの必要書類は?

不動産買取の流れを知ろう③タイミングごとの必要書類は?

ここまで、不動産買取について、仲介との違いや買取方法の種類についてご紹介しました。
ここからは、実際に買取を選択した際の流れや必要な書類について解説します。
買取の流れや必要書類を知っておくことで、書類の準備や手続きをスムーズに進めることができるでしょう。
買取の流れは、仲介による売却と比べると複雑ではありません。
買取による売却の流れは、下記の7ステップです。

  • 必要書類の準備
  • 査定依頼する
  • 条件確認
  • 売買契約を締結する
  • 引渡し・決済
  • 確定申告する

事前準備から引渡し・決済まで数日~1か月程度が目安です。
仲介に比べると、査定を依頼してから現金化までが早いことが買取の特徴です。
それでは、1つずつステップを確認していきましょう。

必要書類の準備

まずは、どのような書類が必要かを確認し、準備しておくことをおすすめします。
査定や買取に関する契約時に必要となる書類は、おもに下記のような書類です。

  • 登記済権利証・登記識別情報
  • 固定資産税納付通知書
  • 本人確認証
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 境界確認書
  • 土地測量図面
  • 建築確認済証・検査済証(一戸建ての場合)
  • マンションの管理規約(マンションの場合)

査定依頼する

不動産会社に買取査定の依頼をして、査定価格がいくらになるのかを確認しましょう。
査定には簡易査定と訪問査定の2種類があり、簡易査定はインターネットなどで依頼し、短期間で査定結果を知ることができますが、データのみでの査定になるため査定価格は正確さに欠けることがあります。
一方で訪問査定は、不動産会社の担当者が実際に物件に足を運び、周辺環境なども含めた情報に基づいて査定価格を出すため、より市場価格に近い査定価格を知ることができます。
基本的には、査定価格がそのまま買取価格となるため、査定後にすぐに買取を依頼したい場合は訪問査定をおこなうと良いでしょう。

条件確認

査定価格に納得して依頼する不動産会社が決まれば、引渡し日や入金日などのスケジュール確認や、家財道具の処分は誰がするのかなど、細かな条件の確認を進めましょう。
買取成立後にトラブルにならないように、気になる点や不明な点はしっかり確認しておく必要があります。

売買契約を締結する

買取価格が決まり条件確認がすむと、売買契約を締結します。
契約書に署名し捺印すると契約締結となりますので、契約書の内容は締結前に入念に確認しておきましょう。

引渡し・決済

売買契約を締結した後は、不動産会社が残金の決済をし、物件の引渡しをおこないます。
鍵や関係書類を不動産会社に渡して、買取は完了となります。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産の売却には、仲介と買取の2つの方法があります。
できるだけ早く現金化したい場合や確実に売却したい場合は、買取がおすすめです。
買取のなかにも即時買取と買取保証2種類の方法があるため、ご自身の理想に応じて、どちらが良いか検討してみると良いでしょう。
買取のための必要書類はさまざまありますので、本格的に買取の依頼を検討される方は、上記をご参考にしていただき準備を進めてみてください。
私たち「まるのいえ」は、茨城県水戸市エリアでの不動産売却を専門としております。
仲介にするか買取にするかお悩みの方は、売却のプロが真摯にサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0293-50-2593

営業時間
24時間営業
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ